YOU塾の哲学

つかの間のひととき

12月28日(火)Sdscn7317

 中3生は毎日、土日関係なく冬期講習中です。

 最長で午後2時から午後9時までというロングラン。

 長ければいいというものではありませんが、「良くやったなぁ」と思えるくらい、自ら意欲的に取り組めればいいなぁ、と思います。

 Sdscn7315 そんな中で、休憩中に作った“作品”が本日の画像。

 午後9時過ぎに、塾生のお姉さんが婚約者と共に来訪。

 まことに嬉しい、おめでたいです。

 さらに、その姉妹のお母様が私の“夜食”を持参して来塾して下さいました。

 こうして皆様に支えられて、YOU塾はもうすぐ23年目の春を迎えようとしています。

 もうすぐ結婚するお二人に、中3塾生が作ってくれたハート2つをプレゼントしましょう。

 ほんとうにおめでとう

3580

君は君 我は我也 されど仲良き

9月 4日(土)Sdsc00370

 オトナも子ども、それぞれの“関係性”が希薄になってゆく中、YOU塾は真逆の方針を採用しています。

 その一つが、座席です。

 塾生全員が黒板の方を向いているのではなく、学校の理科室のように生徒さん達が向かい合って座っています。

 Ssugaface つい、話をしたくなるという欠点がありますが、それでも私はこれでいこうと思っています。

 分からないことがあれば、人に聞けばよい。何も恥ずかしいことではありません。他人に聞くという行為も知っていることを教えるという行為もどちらも大切だからです。

 男の子が女の子に対して「○○ちゃん」と呼びかけていたりしているのを聞いたりすると、嬉しくなります。

2618

成績があがる!

8月28日(土)

 「塾に行っているのに成績が上がらない・・・・」という親御さんの声を聞くと、申し訳無いような気持ちとともに、「一度、子どもさんと共に、授業を受けてみてはSdscn0370 いかがですか?」、と言いたくなります。

 ご家庭では見ることの出来ない表情で、授業を受けたり、問題を解いている姿を見ていただきたいのです。

 基本的に子ども達はいつも真剣で、学ぶ姿は美しいものです。

 成績が上がらない・・・・テレビばかり見ている・・・・etc.と言いたくなる気持ちもわからないわけではありません。

 でも、お金を払って物を買うようなわけにはいかないのです。

 友人や子ども達を取り巻くオトナとの“関係性”の中に「大切なこと」があり、そこで子ども達は少しずつ成長してゆくのですから・・・・。

 今日は、塾の入り口の掛け軸を変えてみました。

 猛暑が続いていますが、少しでも涼しげな雰囲気になるようにという願いをこめて。2492

塾の原点

4月 1日(木)Sdscn0979

 YOU塾は今年22周年。

 私ももうすぐ50歳、ということはあっという間に60歳

 創業した頃の塾の原点に立ってみようと思いました。

 S_tsumitano1 今までの「YOU」のロゴは、某放送局から許可を頂いて今まで使用してきたので愛着がありますが、すべて新しいものに変えてみることにしました。

 チラシも作ります。

 営業活動にも力を入れます。S_2_tsumitano1_2

 なぜなら、塾は”教育的”な活動はもちろんですが、“運動”でもありました。

 その“運動”が停滞したのでは、存在意義が無くなってしまいます。

 広報と営業に力を入れなければなりません。

 午前中は、その為のチラシとロゴデザインの打ち合わせ。

 夕方、卒塾生の大学生が大福を持参で久しぶりに来塾。

 「私に出来ること、何でも言って下さい、手伝います。」

 ああ、今日も涙が出るほど嬉しい・・・・。

塾の原点

題名:「たった一人の卒業式」

 少子化と言われている今、一人ぼっちの卒業式は、全国的には珍しいことではありません、学校の統廃合も進んでいます。平行して村の数も減少していまSs1982asahi_2す。

 私は、この写真を見るたびに涙が出そうになります。一番奥には校長先生でしょうか6人の先生方、左には9人の在校生。皆の拍手を受けながら校舎を背に坂を下りてくる女の子。皆が笑顔で卒業を祝っています。の写真に表現されている“人と人との関係性”の中に、教育の原点があるのではないだろうかと思っています。

YOU塾の基本方針は、この一枚の写真に凝縮されているといってもいいかもしれません。

競争や強制でない“学び”を通して、本当の“学力”が育つものと信じています。

その他のカテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

子ども支援塾

里山のアトリエ坂本分校

無料ブログはココログ